SONG OF THE EARTH 311 – FUKUSHIMA 2024 –

REPORT

2022年SOTE311福島後半レポート

昨年3月、東日本大震災から10年の節目にスタートした「『福島、その先の環境へ』シンポジウム」。今年は、午前にSOTEシンポジウム(招待制)、午後に環境省主催の一般参加型シンポジウムの二部構成で行われました。午前中に行われたSOTEシンポジウムの様子をレポートいたします。
2021年3月12日に初めて開催したSOTEシンポジウムは、その後、福島県内4箇所を始め、東京、熊本、長野など全7会場を巡って開催いたしました。毎回、テーマに沿ったゲストにご登場いただき基調講演を聴講、その後講演内容を踏まえながら、数名ずつのテーブルに分かれてディスカッションを行います。テーブルディスカッションでは、グラフィックレコーディングという手法を取り入れ、話し合った内容を即座に絵におこしていきます。絵や文字でし可視化することで、深い振り返りができるとともに、他のテーブルのディスカッションの様子も共有することができます。 今回のSOTEシンポジウムは、「311から12年。今から始めるアクションとは?」がメインテーマ。まずは、ヤフー株式会社西田修一氏の基調講演から。同社が具体的に取り組んできた311からのアクションをご紹介いただきました。

基調講演「ヤフーと3.11〜発災10年のその後〜」 西田修一氏

「東日本大震災後、ヤフーはさまざまな被災地支援を実施してきました。2011年には<復興デパート>として、Eコマースを通じた被災地の産物を広く流通させるしくみをスタート。2012年には、宮城県石巻市に<石巻復興ベース>という拠点を構えました。社員が被災地に常駐することで実際に現地でできることを暮らしながらリサーチするものです。2013年には<ツール・ド・東北>という復興支援のサイクリングイベントを河北新報社と共催で始めました。10年続けるイベントにしようとスタートし、毎年4,000人もの参加者を迎える人気のイベントに成長(現在はコロナ禍で開催を中断)。サイクリングイベントとして定着しつつあり、今後は地元に運営等々を引き渡せればと考えています」

「LINEとの共同企画で検索窓に311入れると、寄付につながる企画を2014年に始めました(現在も継続中)。キーワードを入れて検索するというのは、検索した人にとって自分事になっていくということでもあります。未来を考えるきっかけになるのでは?と考えています。ヤフーの強みを活かしたものです」

「ヤフーという会社は、ミッションが達成されると代表が交代する特徴があります。インターネットを使って世の中をよりよくしていくこと、それは変わらないミッションでもあります。ミッションはさまざまな状況を踏まえながら形を変えて継続していきます。現在はリモートワークが基本になっていて、どこに住んでいても仕事ができる環境が整っています。ベースとなる場所を持たないという変化をしています」

西田氏の基調講演の後、3つのテーブルに分かれてディスカッションを開始しました。

 

SOTEシンポジウムプログラム内容

メインテーマ「311から12年。今から始めるアクションとは?」
◎基調講演「ヤフーと3.11 〜発災10年のその後〜」 西田修一氏(ヤフー株式会社 執行役員 コーポレートグループSR推進統括本部長)

◎テーブルごとのテーマ
テーブル1:福島再発信!(いろんな福島を知ろう)
テーブル2:福島と仕事/で仕事/を仕事/(仕事を通じて福島と繋がろう)
テーブル3:福島の学生たちと一緒に創ろう!(想いを形に)

各テーブルでは10〜15名のパネリストが参加。高校生、大学生、会社経営者、公務員フリーランス、教員、会社員など10代から60代まで幅広い顔ぶれとなりました。年齢もバックボーンも異なるパネリスト同士でさまざまな考えを交わします。ディスカッション中、キーとなった言葉をもとにテーブルごとで振り返ってみます。

テーブル1:福島再発信!(いろんな福島を知ろう)
実際にフィールド出て、自分自身が当事者となり体験して、知ることが大切なのではないか。ただの傍観者になってしまうとそれで終わってしまい、次につながりにくい。自発的に能動的に動けるようになることが必要。自分がイノベーションする側にどうやってなるか? (福島について)知っている人は、発信し続けることが大切。さらにそれを見聞きした人が拡散させることで、より多くの人が知ることに繋がる。また、情報の共有や拡散というところでは、世代間の溝が生まれがち。若年層の新しい価値観に耳を傾けること、世代を超えたタッグが必要でもある。正すべき古い体勢は脱して若い世代が新たなプラットフォームを築いていくことも大事。

テーブル2:福島と仕事/で仕事/を仕事/(仕事を通じて福島と繋がろう)
原発事故などの影響から、福島に対してマイナスなイメージを持つ人も少なくないが、若い世代は比較的そのような印象を持っていない気がする。福島の安全安心、安全にはモノサシがあり、安心を届けるには時間が必要になる。また、福島は新しいことが始めやすい場所なのではないか。さまざまな可能性がある気がする。学生向けに福島を巡るツアーなどはもちろん、昨今はワーケーションも活況。個人レベルのものではなく、もう一歩踏み込んで、企業の研修先として福島に来るなど誘致を考えてもよいのではないか。

テーブル3:福島の学生たちと一緒に創ろう!(想いを形に)
10年が経過して、東日本代震災を知らない子どもたちも増えてきた。震災についてどのように後世に伝えていくべきなのか? 正しく伝えるにはどうするか、例えば線量の話しなど。でも、正しいってどういうことなのか。得てして情報は偏りがち。そのためにはオープンハウスのようなコミュニティがあったらよいのでは。サロンのような場所、定期的になにかイベントが開催されるとか。知らない人が知る場を作る。

80分の時間がありましたが、ディスカッションの時間はあっという間でした。なにかひとつの答えを導き出すことは難しいかもしれません。しかし、他者の経験や考えに耳を傾けることで自分のなかにもきっと新たなアイデアの種が生まれていたようです。別々のテーブルで違ったテーマで話していても、共通する部分が多くありました。

「福島だからできることってなんだろう? と、考えてみました。割と自由にできるのではとも思うんです。それは若い世代が活躍しやすい土壌があるということでもあり、その道を整えるのが年長者の役割なのではないかと思いました」とは、ある参加者の言葉です。

「福島は日本一、世界一にチャレンジできる場」そんな可能性に満ちた場所なのではないか、というのが参加者全員が最後に持ち帰った言葉であったように思います。

優河

2011年からシンガーソングライターとして活動を開始。

映画『⻑いお別れ』の主題歌「めぐる」やTBS系金曜ドラマ『妻、小学生になる。』の主題歌「灯火」を担当し、世界各地でも反響を呼んだ。

2022年アルバム『言葉のない夜に』は盟友魔法バンドのメンバーと共に制作しツアーも開催。全国各地でライブやFUJI ROCK FESTIVALなどのフェスに出演。

TVCMのナレーションや歌唱、サウンドロゴ、ミュージカルなど幅広い活動を展開している。

優河 with 魔法バンドとしても、NHK総合ドラマ『月食の夜は』の主題歌、劇伴を担当し、2023年3月にサウンドトラック『月食の夜は』を配信リリースした。

藤原さくらと優河でJane Jade(ジェーンジェイド)としても活動中。


Hanah Spring (ハナ スプリング)

ジャズミュージシャンの両親の元に生まれ、5人兄弟でハーモニーを歌いながら育つ。

ErykahBadu, The Roots, Musiq Soulchildといったアーティストの来日公演オープニングアクト、MISIAの全国ツアーコーラス、J-WAVEのパーソナリティーとしても活躍。
アルバム「Handmade Soul」はiTunes Jazz Top Album,Billboard JAPAN Top Jazz Albumで1位を獲得しR&B/SOULシーンで高評価を得る。

MURO、DJ HAZIME、mabanua、MISIAなど豪華作家陣も参加したアルバム「Dreamin'」を発表。

2020年に独立し昨年ニューアルバム「SOZO」を提げBillboard Live Yokohamaでのリリースライブを終え初のLP盤をリリース。

今谷忠弘 (ホテルニュートーキョー)

HOTEL NEW TOKYO / IMATANI HOUSE 主催。

 

谷本賢一郎(タニケンバンド)× 福島LOVE FOR NIPPON


谷本賢一郎

佐用町観光大使。兵庫県佐用町出身。歌手、タレント。愛称:タニケン。

NHK-E テレ「フックブックロー」けっさくくん役としてレギュラー出演。
2019年、CD キッズアルバム「うたの店長さん・ステキ ソングショップ」をキングレコードから発売。
アコーディオンまいこ、パーカッションのっちと一緒にタニケンバンドとして全国各地でのファミリーコンサートを行っている。
現在、のりもの研究家タニケンとして出演の DVD「のりものすごいぞ!」シリーズ6作品を Amazon Prime Video チャンネル NHK こどもパーク、Hulu などで動画配信中。
2014年8月11日、大熊町の子供たちが通う会津若松市にある小学校でのCANDLE11th の参加をきっかけに、2015年からほぼ毎月11日、福島県内の復興住宅(当時は仮設住宅)や学校、お寺などで LOVE FOR NIPPON の活動に参加。

熊本地震では避難された益城町の木山仮設住宅集会所、能登半島地震では、珠洲市蛸島や能登町宇出津でのキャンドルナイトにも参加。
また SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA では、谷本賢一郎(タニケンバンド)×福島 LOVE FOR NIPPON ステージのリーダーを務めている。

谷本賢一郎オフィシャルサイト
http://maimusic.net/

 

 

山岡トモタケ

福島県二本松市出身シンガーソングライター。

WHITE ASH のギタリストとして 10 年間活動後、2017 年に解散。
解散後はアコースティックバンド s o t t o を経て、現在ソロは山岡トモタケ、バンドは山岡トモタケ&FLAMINGS として活動中。
2023 年から福島ユナイテッド FC 応援ソング「まなざし」を担当。
福島中央テレビ音楽番組「二畳半レコード」、ふくしま FM「2 畳半レコード・オン・ラヂオ」で純レギュラーとしても活躍中。
2017 年 LOVE FOR NIPPON への参加をきっかけに、毎月 11 日はラブフォーメンバーとして、福島県内の復興住宅や小学校、お寺などを一緒に回って活動している。
会津に避難した大熊町の親子のお話をきっかけに作った「無力」など、ラブフォーで出会った方々の震災のお話をもとに、福島の歌を全国へ届ける。
また、熊本の SONG OF THE EARTH への参加や、SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMAでは谷本賢一郎(タニケンバンド)×福島 LOVE FOR NIPPON のメンバーとしても活動している。

X
https://x.com/yamaokatomotake

Instagram
https://www.instagram.com/yamaoka_tomotake

HYS (ヒス)

福島県出身のミュージシャン・グラフィッククリエイター。
主にヒューマンビートボックスのプレイヤーとして活動しており、過去に 2 度の大会で優勝、国際大会では見事にランク入りを果たす。
2019 年のヒューマンビートボックス日本大会ではベスト 4 に残る。
また自身のスタイルはヒューマンビートボックスのみに留まらず、打ち込み音楽を扱った作曲や作詞、サウンドミックスなど至る所までセルフデザインをしている。

現在は自身が保育園児の時に出会った、一般社団法人 LOVE FOR NIPPON と共に各地を回り、「Candle 11th」や「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SONG OF THE EARTH311」など様々な LOVE FOR NIPPON イベントでライブをする。
また、2022 年 9 月の新潟県関川村にて豪雨災害があった際には、ピアノが浸水してしまった小学生の女の子に対して自身の電子キーボードを Hi-STANDARD 難波章浩、片平里菜らと共にプレゼントしに行った。

Laugh (ラフ) 

福島県福島市在住の小学生によるダンスチーム。
インストラクターが東日本大震災の被災地の福島県浪江町出身である縁から、2022年9月11日、LOVE FOR NIPPONによるCANDLE 11thに初出演。
以降、福島県内各地で行われるCANDLE 11th、震災復興支援イベント等に継続的に出演。
「SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2023」「SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2024」には、谷本賢一郎(タニケンバンド)×福島LOVE FOR NIPPON のメンバーとして出演。
また、「SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2024」では、東日本大震災以降、被災地訪問を行ってきたBro.KORNのバックダンサーとしても出演。
福島県内外の人々にダンスで笑顔と元気を届けるため、活動している。

椎名純平

1974年8月6日生まれ。

2000年、”世界” でデビュー。以降様々なプロジェクトを交えながら独自の音像を追求中。

2016年から毎年ライブ会場限定アルバムをリリース。

清春

1994年 黒夢としてメジャーデビュー。独創性溢れるパフォーマンスとメッセージ性の強い楽曲で人気絶頂の最中、4年間で突然の無期限活動休止を発表。

同年sadsを結成し2000年TBS系ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の主題歌「忘却の空」が大ヒット。同曲を収録したアルバム「BABYLON」はオリコン1位を記録。

2003年 DVDシングル『オーロラ』で清春としてデビュー。2004年 David Bowie JAPAN TOUR

大阪公演にオープニングアクトとして出演。2020年10月には自叙伝「清春」を発刊。2024年3月20日ヤマハミュージックコミュニケーションズ移籍第一弾、清春として11枚目となるオリジナルアルバム「ETERNAL」をリリース。

 

Official web site

https://kiyoharu.tokyo/?lang=en

 

X

https://twitter.com/ki_spring

 

Instagram

https://www.instagram.com/kiyoharu_official/

 

Youtube

https://www.youtube.com/c/KIYOHARUOFFICIALCHANNEL

Leyona

ジャンルを越えて音楽を愛するシンガー。

様々な音楽にインスパイアされた音楽性と、

存在感のあるOne&Onlyなヴォーカルによって独自の世界観を表現している。

国内外の様々なミュージシャンとのコラボレーションによって生まれた作品群がそれを実証している。

 

DJみそしるとMCごはん

「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに、
トラック、リリック、アートワーク、映像などを自ら制作し、
料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する、超自家製ラッパー。

まぎらわしい名前だけど、一人。近年、絵本作家手デビューを果たす。
各地の食材をフューチャリングに迎える出張食堂『ジャスタジスイ食堂』もじんわり始動!
稀代のくいしんぼうの今後に、ご期待ください!

 

Caravan

独自の目線で日常を描く、リアルな言葉。
聞く者を旅へと誘う、美しく切ないメロディー。
様々なボーダーを越え、一体感溢れるピースフルな Live。
世代や性別、ジャンルを越えて幅広い層からの支持を集めている。
これまでに Donavon Frankenreiter、Calexico、Tommy Guerrero、Ray Barbee、
Beautiful Girls、SLIP、Sim Redmond Band 等、
多くの来日アーティストのサポートアクトや共演を果たし、
YUKI「ハミングバード」「Wagon」、SMAP「モアイ」、渡辺美里「Glory」「Hello Again」を始め、楽曲提供も手掛けている。

Caravan Official Website https://www.caravan-music.com/

Caravan Bio Link https://bio.to/caravan_harvest

 

曽我部恵一

1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。香川県出身。
'90年代初頭よりサニーデイ・サービスのヴォーカリスト/ギタリストとして活動を始める。
1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。'70年代の日本のフォーク/ロックを'90年代のスタイルで
解釈・再構築したまったく新しいサウンドは、聴く者に強烈な印象をあたえた。

2001年のクリスマス、NY同時多発テロに触発され制作されたシングル「ギター」でソロデビュー。
2004年、自主レーベルROSE RECORDSを設立し、インディペンデント/DIYを基軸とした活動を開始する。
以後、サニーデイ・サービス/ソロと並行し、プロデュース・楽曲提供・映画音楽・CM音楽・執筆・俳優など、形態にとらわれない表現を続ける。

http://www.sokabekeiichi.com



鈴木美伸

福島県在住。
福島県内を中心に、TVリポーター、ラジオパーソナリティ等として活動。
福島中央テレビ、ふくしまFMにレギュラー出演中。
(近年は、舞台演劇、ドラマ出演など表現活動にも取り組み、活動の幅を広げている。)

2011年東日本大震災以降、福島県内で開催されているSONG OF THE ERATHにおいてもステージMCを務めている。



渡辺俊美

1966年12月6日 福島県川内村生まれ 富岡町育ち
1990年当初に結成されたTOKYO No.1 SOUL SETのギター、ヴォーカル、サウンド・プロダクション担当。
現在までにシングル15枚、アルバム8枚、その他ライヴ、ベストアルバムなど多数リリース。
2021年には30周年記念オリジナルフルアルバム「SOUND aLIVE」発売。
並行して2000年に結成したソロプロジェクトTHE ZOOT16を経て、バンドスタイルの渡辺俊美&THE ZOOT16のギター、ヴォーカルとして活動中。
2010年には同じ福島県出身の山口隆・箭内道彦・松田晋二の4名で猪苗代湖ズを結成。
2011年3月に録音した「I love you & I need you ふくしま」で第62回NHK紅白歌合戦に出場。
当時高校生だった息子に3年間にわたって作り続けた弁当が話題となり、エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』として2014年にマガジンハウスより出版、ベストセラーに。
漫画化およびNHKでテレビドラマ化された後に、2020年には「461個のおべんとう」のタイトルで映画化。兼重淳がメガホンを取り、父親役を井ノ原快彦・息子役を「なにわ男子」の道枝駿佑が好演。劇中音楽も担当。

https://note.com/toshimi16/

ホテルニュートーキョー
guest 山㟢廣和 (toe)

2003年、今谷忠弘のソロユニットとして始動し、その後はバンド編成によるライブ活動を展開。
今回のSONG OF THE EARTH 311 FESTIVALでは、ゲストに山㟢廣和 (toe)を迎え、2016年の3月に制作された"LIGHT FOR FUKUSHIMA" を披露する。

https://hotelnewtokyo.net/

Bro.KORN

~4年間ライヴハウス周りをしながら当時の幻のライヴハウス「新宿ルイード」で3年間超満員の記録を作り、6社のレコード会社からスカウトされ、その後あのWON’T BE LONGの大ヒットにより売り上げ160万枚のミリオンセールスを達成する。
その後、NHK 紅白歌合戦初出場を果たし、FNS歌謡祭、有線大賞、TBS音楽祭新人賞等々を受賞。
芸能界での幅広い交友関係をもち、様々なアーティストへの楽曲提供を行い、自らもソウル・ブラックミュージックをはじめ、DISCOCLUBカルチャーの発展に尽力し、テレビ、LIVE含め様々なシーンで精力的に活動し続けている。
昨年、自叙伝的ベストアルバム「魂信。~My Life is in Destiny~」(2枚組全33)をリリース。魂に導かれた人生と音楽が詰め込まれた渾身の最新アルバムとなる。
昨年、バブルガム・ブラザーズ結成40周年を迎え、さらなる活動を加速させていく。

Instagram

https://www.instagram.com/bro.korn/

藤原さくら

福岡県出身。1995年生まれ。
父の影響ではじめてギターを手にしたのが10歳。
洋邦問わず多様な音楽に自然と親しむ幼少期を過ごす。 高校進学後、オリジナル曲の制作をはじめ、少しずつ音楽活動を開始。地元・福岡のカフェ・レストランを中心としたライブ活動で、徐々に注目を集める。
4月からは東京・NHKホールをはじめ全国5都市で「Sakura Fujiwara Tour 2024」が開催される。
宮城公演は4月21日仙台PIT。
天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。

https://www.fujiwarasakura.com/

谷本賢一郎プロフィール
佐用町観光大使。兵庫県佐用町出身。歌手、タレント。愛称:タニケン。
NHK-E テレ「フックブックロー」けっさくくん役としてレギュラー出演。
BS プレミアム「ワンワンパッコロ!キャラともワールド」にてギターモグラの声や、テレビアニメ「ジェリージャム」では主題歌・挿入歌を担当。
2019年、CD キッズアルバム「うたの店長さん・ステキ ソングショップ」をキングレコードから発売。
2022年9月、最新 CD アルバム「青い花」を発売。
現在、のりもの研究家タニケンとして出演の DVD「のりものすごいぞ!」シリーズ 6作品を Amazon Prime Video チャンネル NHK こどもパーク、 Hulu などで動画配信中。
アコーディオンまいこ、パーカッションのノッチと一緒に、 全国各地でのファミリーコンサートや野外音楽フェス、学校・保育園・幼稚園での訪問ライブなども行っている。

http://maimusic.net/

Laugh(ラフ)
福島市を中心に活動するキッズダンスチーム。
心から笑っていたい!
またそんな笑顔を見ていたい!と言う想いがあり結成。

HYS(ヒス)
福島県を拠点に活動する17歳のヒューマンビートボクサー。
過去に2度の大会で優勝し、国際大会では見事にランク入りを果たす。
2019年のヒューマンビートボックス日本大会ではベスト4に残る。
大会のみならずライブパフォーマンスも精力的に活動しており、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとしたさまざまなイベントに出演。
現在は一般社団法人LOVE FOR NIPPONに所属し、日本ヒューマンビートボックス協会が掲げる「ビートボックスと社会貢献」をコンセプトに活動している。

山岡トモタケ
福島県二本松市出身シンガーソングライター。
WHITE ASHのギタリストとして10年間活動後、2017年に解散。
解散後はアコースティックバンドs o t t oを経て、現在ソロは山岡トモタケ、バンドは山岡トモタケ&FLAMINGSとしてライブ活動中。
2023年福島ユナイテッドFC応援ソング「まなざし」を担当。
福島中央テレビ音楽番組「二畳半レコード」、ふくしまFM「2畳半レコード・オン・ラヂオ」で純レギュラーとしても活躍中。

《X》
https://x.com/yamaokatomotake
《Instagram》
https://www.instagram.com/yamaoka_tomotake

片平里菜

シンガー・ソングライター。「閃光ライオット 2011」にて審査員特別賞を受賞し、2013年メジャーデビュー。
今年夏には猪苗代野外音楽堂でデビュー10周年イベントを行い、9thシングル【予兆】10月18日NEWアルバム【Redemption】をリリース。情感にあふれた声、日常を包み込む詩、環境や社会へのまなざしは人々の心を震わす。
次世代の表現者として、従来の音楽の枠に捕らわれず幅広い活動を行っている。

https://www.katahirarina.com/

青谷明日香

ピアノ弾き語りシンガーソングライター、青谷明日香。
郷愁あふれる田舎の風景から、哀愁ただよう都会のビルの風景まで、様々な主人公の物語を歌い紡ぐ。
「FUJI ROCK FESTIVAL」「New Acoustic Camp」「森、道、市場」「オハラ☆ブレイク」などの大型野外フェスや、お寺、神社、公民館、カフェ、バー、旅館等、場所を選ばないスタイルで、演奏ツアーを敢行。
また、CM楽曲制作、テレビ番組主題歌、映画主題歌・劇伴の楽曲制作も行う。

www.aoyaasuka.com