福島、その先の環境へ。 シンポジウム
10年目の節目から環境省と取り組みはじめたシンポジウム。 LOVE FOR NIPPONが主体となるシンポジウムと、環境省が主体となるシンポジウムの計 2回にわたり開催します。

SOTEシンポジウム

SOTE SYMPOSIUM

震災から11年の経験をもとに、様々な課題や問題点を議論し、これからのまちづくりを提案できるコミュニティ作りを目指しています。
被災地支援団体や行政、企業の方々と福島の学生たちとが一緒になって話し合い、1年を通して能動的な人材育成と共に課題解決や新たな問題について提案していきます。
※関係者のみ

「福島、その先の環境へ。」シンポジウム

環境省では、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故の発生以降、除染をはじめ、被災地の環境再生に取り組んでいます。加えて、環境再生の取組のみならず、脱炭 素等の環境施策を通じて福島復興の新たなステージに向けて取り組むべく、福島県との連携協力協定を踏まえ、「福島再生・未来志向プロジェクト」を推進しています。 このプロジェクトの一環として、福島の復興・再生の取組を振り返るとともに、県内外の方々と福島の未来について共に考えるシンポジウムを開催します。
参加者は後日公募予定です。

開催概要

名称:「福島、その先の環境へ。」シンポジウム
日時:2022年3月12日(土) ※雨天決行、荒天中止
会場:ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)
参加料:無料
主催:「福島、その先の環境へ。」シンポジウム実行委員会